路線バスの旅が教えてくれる県境の壁の高さ

f:id:inoko2019:20210617183656j:plain

紫陽花の花が美しい


テレビで路線バス番組をよく見る。

 

テレビ東京系列の人気番組は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。

 

以前は太川陽介蛭子能収とゲスト一人を加えた3人のバス旅だった。

最近は蛭子さんが降板し、田中要次羽田圭介とゲスト一人を加えたバス旅や、バス旅と鉄道との対抗戦や各所の名産品や名所を陣取りして目的地にたどり着くなど番組構成に工夫を凝らしている。

 

テレビ朝日系列では徳光和夫の路線バスで寄り道の旅、フジテレビ系列ではタカトシ&温水の路線バスの旅などいろいろある。

 

それでも元祖「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が面白い。

何といっても時刻表も持たずに路線バスだけで数百キロ離れた目的地に3泊4日でたどり着く、ハラハラドキドキの旅が面白いのだ。

 

先日の「ローカル路線バス乗り継ぎZ」第16弾は岡山・後楽園~山口・錦帯橋だった。

途中のチェックポイントは尾道出雲大社

地元である私としては、おおよその地図は頭の中に入っている。

ただ、高速バスを使わずに中国山地を越えることができるのだろうかと初めから疑問を持っていた。

 

番組では岡山から直接北上して伯備線津山線芸備線の交叉する新見市に向けて行くルートと山陽道を西下して、とりあえず尾道市を目指すルートが頭に浮かんだ。

ただ岡山県の北上ルートは、新見市まではたどり着くだろうけれど、それから鳥取県に入っていくバスルートは考えられなかった。

今や地方の山間部では路線バスが県境を越えるルートは想像できないほど少なく、県境の壁は高くなっている。

 

私は少年時代、広島県の県北、岡山県との県境の町に住んでいたが、当時の地域交流スポーツ大会といえば隣接する島根・鳥取・岡山の4県4郡大会の開催だった。

4県4郡の町の中で最大だった私の町はオリンピックのアメリカ合衆国のような活躍をしていたことを思い出だす。

しかしながら、高度経済成長の発展の中で、新幹線、幹線鉄道網の整備、高速道路網の整備などにより近くの弱小地域システムの連携は壊れて、地方の時代と言われながら地方の中心都市や大都市直結の中央集権化に繋がっていったように思う。それが平成の大合併ではなかったのではないだろうかと路線バスの旅を見ながらの感想だった。

 

ということで、今では路線バスが通わぬ県境に大きな壁が出来上がったのだ。

出演者たちはいろいろと情報を取りながら北ルートを断念し、尾道市へと進路をとった。

山陽道なら県境を越える都市間交通としての路線バスはまだ健在だろうと思った。

問題は尾道市から北ルートで本当に行けるだろうかと危ぶんだが、尾道市から三次市までは路線バスが通っていた。

問題は三次市から島根県に抜ける路線バスなどあるのかなあと見ていたが、島根県赤名というところまではバス路線があった。

ただ、その先は不明と案内所でも言っていた。

 

しかし一行はこれしかないということから赤名に向かった。

赤名に到着すると同じバス停に町営バスがあることがわかり、最終バスでギリギリセーフ。

この奥深い田舎では自治体運営のコミュニティバスがいろいろとつながっており、雲南市に入れば道の駅で雲南市民バスに乗り換えて、三刀屋バスセンターまで行き、そこから路線バスに乗り継いで出雲市に向かった。それぞれ最終バスにやっと間に合うという幸運も手伝って、出雲市駅に到着したのはすでに午後8時という強行軍だった。

 

翌日、出雲大社にお参りした後、一行は再び三次市に戻る路線を選択し、目的地の岩国市錦帯橋までたどり着いたが、路線バスが廃止されていく中、奥深い山間地では自治体バスが住民の生命線となっていることを改めて教えてくれた。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。

 


全般ランキング

野菜の時間 楽しい家庭菜園は健康の秘訣です

f:id:inoko2019:20210610171248j:plain

先日、赤玉ねぎを収穫し、絹さやえんどうが終わった。

昨日はジャガイモを収穫したところ。

例年に比べて若干収量は少なかったような気がする。

菜園を広げて新しい場所に植えたからかもしれない。

f:id:inoko2019:20210610171417j:plain

ジャガイモの収穫


収量といっても3~4坪程の家庭菜園だから、家庭で消費するだけの量しか作らないのではあるけど、でもその程度がちょうどいいと思っている。

 

f:id:inoko2019:20210610171536j:plain


ゴールデンウイークの前に植えたキュウリが採れ始めた。

今植わっている野菜の種類を数えてみた。

キュウリ、ナス、オクラ、ピーマン、しし唐、伏見唐辛子ミニトマト、モロヘイヤ、トウモロコシ、ゴーヤ、ネギ、ブロッコリーサトイモ三つ葉、フキ、ニラ、アスパラガス、茗荷の18種類にもなる。

 

f:id:inoko2019:20210610171800j:plain
f:id:inoko2019:20210610171746j:plain
f:id:inoko2019:20210610171730j:plain
サトイモ 茄子 ミニトマト

もう30年以上見様見真似、自己流の家庭菜園主です。

お手本はNHKの野菜の時間。

野菜の時間の先生方の教えを守ってやれば誰でも普通にはできることがわかる。

テキストも3月号~11月号位を持っておけば永年使える。

f:id:inoko2019:20210610171918j:plain

モロヘイヤの密植栽培、これはテキストにない私のオリジナル栽培法


 

経験上の留意点

  1. 事前の土づくりが重要(石灰、牛糞、化成肥料などを入れて耕す)
  2. 欲をかかない(混密を避ける、適度に間引く、この要点は素人にはなかなか難しい)
  3. 風通しを良くする(病虫害を防ぐ)
  4. 水やりが大事
  5. 苗は大きな双葉が付いて、頼もしく感じる苗がいいが、こんな苗は滅多にない
  6. 植える時期の適期を守る
  7. 狭い家庭菜園では連作障害を出さぬよう、計画的に植える場所を変えていく
  8. 2週間に1度を目安に、追肥を欠かさない
  9. 家庭菜園では収穫の終わりはスパッと終わって、次の野菜の作付けに入ることなをほぼほぼ守ればおいしい野菜が収穫できること請負です。

 

どこの野菜に比べても、我が家の軒先でとれる野菜ほどうまい野菜はありません。

野菜はどこかの世界と違って、誠実な対応を裏切りません。

 

おまけ

昨年同様、市販のトマトから採取した種から育てるミニトマトアンジェも栽培中。

今はこんな状態です。

f:id:inoko2019:20210610172430j:plain

昨年より一か月以上早く種を蒔いたので今年は期待できるかも。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。


全般ランキング

 

知っていましたか、プリンターの今どき事情

f:id:inoko2019:20210603171114j:plain

梅雨空の下 つつじが綺麗だ



二度あることは三度あるというけれど、東芝ダイナブックノートパソコンの故障・処分から始まって、中古パソコン2台の購入でやっと平穏なパソコンライフがとりもどせたと思った矢先、今度はEPSONプリンターが壊れた。

 

壊れたといっても、動いたり動かなかったり、気ままな動作で時間がかかってどうにもならない。

というのも、今年は現役時代の同期会の幹事役に当たっていたが、あいにくのコロナ禍に遭遇し、中止の連絡通知を新しい中古のパソコンでやる羽目になって四苦八苦していたところだ。

 

前幹事の引継ぎ文書が筆まめで作成されていて、私も筆まめを使っているので、暢気に構えていたが、思うような取り込みができないことで、私の古い筆まめでは取り込めないのだと理解するに至り、その購入を楽天に注文し、昨日到着したところだ。

最新筆まめはよくできているが、それでも勝手が違い、接続やら新システムへの文書の取り込みやらでほとんど一日がかりだった。

そして、通知文書を作成し、いよいよ印刷となったところで故障したのだ。

何かに呪われているみたいだった。

 

f:id:inoko2019:20210603171917j:plain

故障したプリンター

事ここに至ると、もうプリンターを購入するしかない。

時間もないし、消耗品のプリンターは中古とはいかないので、家電量販店エディオンに走った。

実は2週間前に、故障したプリンターのインク(通称クマノミという)6色入り、2箱9000円超を例のpaypayのセールを使って買ったばかりなのだ。

これを無にすることにはならないので、クマノミの使えるプリンターを買うべく出かけたのだ。

 

店に着いて、プリンターの前に立ったら、ほとんどのプリンターが1か月待ち~4か月待ちという札が付いていた。

店員を呼んで「これはどういうことか」と問うと、我が国のプリンターはベトナムやタイ、フィリピン、インドネシアなどで生産しているが、コロナの感染拡大で生産が滞っていることやテレワークや巣ごもり需要などで極端な品薄状態になっているという。

従って、今、陳列しているものの中で売れるEPSONのプリンターは2台しかないし、一台はコピー機能がないという。

 

また、クマノミのプリンターは発売から長年月が経過しており、すでに生産中止となっているということだった。

ということで、同期会の作業をするプリンターは残った一台だけということで選択の余地はなかった。

また、2週間前購入したインクについては未開封で領収書があれば返金するということだったので、すぐに、自宅に取って返して確認した。

 

物持ちの良いカミさんは「家計簿をつけたら捨てるから無いかも知れないね」と言いながら探してくれたら、幸運にも見つかった。領収書が保証書を兼ねているので捨てずにいたようだ。

 

そして再びエディオンに行き返金手続きをする。

ただし支払い精算はpaypayを通してということだった。帰宅して、paypayを確認するとすでに返金が完了していた。お金のことになると熱心になる吾輩です。

 

男性の店員に事情を話すと、ひと箱7500円のインクを一緒に買ってもらえれば、5千円ほど値引きするというので、paypayの返金もできたこともあり、即決した。

 

f:id:inoko2019:20210603173051j:plain

今回購入のプリンター。写真の具合で古く見えますが、、、。

今度のインクは通称カメという。

結局、購入したプリンターは今まで使っていたプリンターの後継機であることが、帰宅して接続していてわかったが、後継機ならインクぐらい同じものを使えるようにすればいいものを、結局、インクで儲ける魂胆なのだ。

 

それでも、夜遅くまでかかって130枚の中止通知を印刷完了し、翌朝投かんした。

これで、約束の5月中に配達されると安堵した。

 

しかし、プリンターが品切れになっていることなんぞ、故障でもしない限り知る由もなかったように思うけれど、知らぬは私ばかりだったのだろうか。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

矢印をクリックして応援してください。

 


全般ランキング

 

 

 

 

中古パソコン購入奮闘記パート2

f:id:inoko2019:20210527162049j:plain

梅雨の晴れ間 赤玉ねぎの収穫



壊れたタブレットの代わりに、息子から中古パソコンの購入を勧められた。

「親父のタブレットは持って歩くわけでもなく、家で使っているわけで、パソコンの方がキーボードも打ちやすいし、大きくていいでしょう。」という言葉に、安ければいいやあと購入を決めた。
希望価格は1万~2万円。すぐに注文してくれて、翌日の4月29日には届いた。

2012年NEC製15.6型、Windows10アップグレード、価格は税込み17800円だった。
ただ、パソコンを動かすにあたって、マニュアルなどは全くなかった。コンセントに差し込んでスタートボタンを押した。
立ち上がるまで10秒ほど。誠にスムーズだった。

息子によれば、データ保存が従来のHDDからSSDに代わってきており、今回、SSDに変えたそうだ。
老人にはSSDという言葉は初めてだったが、そのお陰でこんなに軽々とサクサクと動くのかと感心したが、落ち着いて考えてみれば、アプリも保存データもほとんど空っぽ状態だから、サクサク動いて当然かもしれない。

ただ、このパソコンにはマイクロソフトオフィスが装備されていなかった。
これまでマイクロソフトオフィスでやってきた身としては、代わりのWSPオフィスというソフトは甚だ違和感があってなじみにくかった。

調べてみるとWSPオフィスは中国のキングソフト株式会社の製品であること。
ただし、マイクロソフトオフィスとの互換性があることなどがわかった。

価格は単体で正規品のマイクロソフトオフィスは税込み38,284円、WSPオフィスは5,690円とあり6倍以上の価格差だ。
互換性があるとあったが、以前作成したデータをWSPオフィスに取り込もうと何度も試みたが、私の能力では取り込むことができなかった。
何が原因なのかいまだにわからないでいる。

ということで、今度は壊れたパソコンの代替機として、マイクロソフトオフィス2019の入った中古パソコンを買いたくなった。

調べてみると、安い中古パソコンはほとんどWSPオフィスだった。
ただ、探せばあるものだ。
マイクロソフトオフィス2019が入った中古パソコンがあった。
それも29800円と超格安だ。

あまりに安いので少々不安はあったが、物は試しと即決注文した。
安いということがあって、その他の仕様もいろいろとグレードアップした。

f:id:inoko2019:20210527162444j:plain
f:id:inoko2019:20210527193851j:plain
オフィス2019とシステム修復ディスク



HDDを新品SSD240Gに換装6000円、
新品ワイヤレスマウス1980円、
光学ドライブは中古マルチドライブに交換1980円、
システムイメージ作成2000円等を追加して、

クーポン割引などあり税込み37,584円だった。
最初に買ったパソコンには、マニュアルのようなものは全くなかったが、今回はしっかりとしたパンフレットや、店からのメールで詳しい説明があった。

ただ、ほとんど使い始めの状態で、検索しようと入力の言葉令和のrを入れたとたん「rrrrrrrr……」という状態で何もできなくなった。
このときは格安中古パソコンの購入をちょっと悔やんだ。

すぐに、状況を販売店に報告したところ、割合早く丁寧な回答があった。
Windowsupdateが影響している可能性が高いということだった。

指示通りスタート→設定→更新とセキュリティと進めると「最新の状態」が確認できて、症状が改善していた。

私の場合はそこで正常な作動状態となったが、それでも改善しない場合の手順や最終的な製品の回収とその後の手順など詳しく説明のメールをいただいた。
なかなかしっかりした販売店と好感を持った。

今は中古品といえども誠実な対応を心がけていることを感じた。
ただ、中古品だからどれだけ使えるかは神のみぞ知ることか。

一般的にどのくらい使えるのだろうか、今後も時折報告したいと思います。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。

 


全般ランキング

S君これからも元気で頑張ってね!

f:id:inoko2019:20210520174435j:plain

山には山の憂いあり


もう10年以上前になる。

第二の職場として福祉関係の法人に勤めていた。

その福祉法人の中に、主に福祉施設で作られた物品を販売して歩く職場があった。

 

担当課長から、職員採用の打診があった。

応募者はホームページで職員採用の募集を親が知って先日、両親同伴で面接に来たという。

20代の青年で履歴書を見ると、転職が多く一つ職場に長続きしないようだ。両親の話では自閉症があって、対人関係がうまくできないということだった。

 

ただ、販売の関係は以前携わったことがあり、福祉関係の職場でもあり人間関係もうまくいくのではないか、是非ともやらせてほしいということだった。

福祉法人としては、そういう人の自立支援に役立てばいいのではないかという話になり採用を決めた。

 

f:id:inoko2019:20210520174527j:plain

ハクチョウゲの花

入社した日に職員に紹介をした。

S君はひどく緊張してたどたどしく挨拶していて、長続きするかなあ、少し無理かなあと思ったことを記憶している。

私自身、数年間の勤めだったが、S君とはそんなに多く話す機会はなかった。

顔を合わせると頑張ってやってるな、とか元気とか短い言葉をかける程度だった。

 

でも、私が在職中は仕事は続いていた。

担当課長からはご両親が大変喜んでおられるという話を聞いた。

f:id:inoko2019:20210520174626j:plain

ムラサキツユクサの花。


 

先日、あるところで、巡回販売をしていた。

野菜などの農産物も販売しているので、のぞいてみた。

マスク越しではあるが、S君がいることがわかった。

レジに女性職員とともに立っていた。

 

ここではS君と書いたが、その時はS君の名前を忘れていて、女性職員に「隣の人は何て言ったかな」と聞いた。

「S君です」と聞いて、私は「S君、S君、私のことわかるかな」と尋ねた。

 

S君は最前から私のことを気づいていたのだろう。「○・○・○さん」と短く区切りながら、小さな声でつぶやいた。

私はS君に今日も「元気でやってる?頑張ってね。」とかってと同じ言葉を繰り返していた。

 

f:id:inoko2019:20210520174724j:plain

白いシャクヤクの花

私は、S君が私の名前を憶えていてくれたことにびっくりした。

そして、私自身はS君の名前を忘れていたことと、そうした態度を恥じて情けなかった。

でも、タケノコと漬物を買ってレジで支払いながら、ある種感動していた。

 

帰宅してこの話を私の反省の糧としながら妻や息子に伝えた。

S君これからも元気で頑張ってね!

 

ランキングに参加しています。気に入って頂けましたら

↓をクリックして応援してください。

 


全般ランキング

 

コロナ対策から見える菅総理の限界  

 

 

f:id:inoko2019:20210513171116j:plain

カエデの花が咲いた

3回目の緊急事態宣言が発出されて、大方の予想通り12日から5月末日まで、愛知県と福岡県を加えて延長されることになった。

4月25日に3回目の緊急事態宣言が出され、その期限が5月11日と設定されたとき、専門家はもとより、多くの国民も短すぎる、とても5月11日で宣言が解除できるとは思っていなかっただろう。

この一年でこの新型ウイルスの現れ方は素人でも判断がつく程度には、みんなが学習したのだ。

わかっていないのは政府のお偉方ばかりなのだろうか。

多分、菅首相だけが裸の王様になって、ごますり近習の話にしか耳を貸さなかったのだろうと推測する。

 

こうした中、コロナ対策から見えた菅総理の限界を俯瞰してみた。

 

まずは、菅総理の言葉力・発信力の無さだ。

 

菅総理は個別・具体的なはっきりとした説明はしない。

多分、あえてそういう言い回しをして総理にまで上り詰めたのだろう。

阿吽の呼吸で私の言葉をつかめ、理解しろというのが菅総理の言葉の基本となっているのだろう。

断定的な結びの言葉は少なく、語尾は、「思います。思っています。」を多用する。

こうした発信力の弱さ、熱量のまったくない無責任な言葉の数々では国民の胸に響くはずもない。

 

5月10日の衆院予算委員会のテレビ中継を見た。

 立憲民主党の山井議員は「菅総理の頭の中はオリンピックファーストだ。ステージ3の感染急増、ステージ4の感染爆発でもオリンピック・パラリンピックは開催するのか」と質問した。

 

菅首相は「大変失礼だと思いますけど、私はオリンピックファーストでやってきたことはありません。国民の命と暮らしを守ることを最優先に取り組んできている。そこは念入りに言わせていただきます。」と珍しく気色ばんだ。

しかし、本当に国民の命と暮らしを守ることを最優先に取り組んできたといえるだろうか。

 

 

 

f:id:inoko2019:20210513171447j:plain

ハーデンベルギア

 

最大のミステークは、ワクチンに対する準備を怠ってしまったことではないか。

もちろん、このことは菅総理一人の責任ではないだろう。

歴代の政権の責任も問わねばならない。

ただ、このコロナ感染症は菅官房長官菅総理がまさに当事者として、対応してきたことであり、1年以上にわたるコロナ災害の責任者として、世界の国々から周回遅れ以上のワクチン接種率となっている現状を思うと、とても同情するような言葉は出てこない。

まさしく、あなたは何をしてきたのかと言いたい。

 

今まさに毎日100人にのぼる死者を出す大惨事ではないか。

何がさざ波であろうか。

御用学者ばかり重用し、学術会議など優秀な専門家を軽視してきた結果であり、とても国民の命と暮らしを守ることを最優先したと胸を張れることではないことは明らかだ。

やはり、あなたはオリンピックファーストなのだ。

 

今回の5月11日の緊急事態宣言の期限設定といい、高齢者ワクチンの7月完了宣言といい、オリンピックファーストのための大号令としか誰の目にも映らない。

こんな状況でも政権を維持しようと懸命になっているのがあなたの姿だ。

さてどのように責任を取っていただけるのか。

 

f:id:inoko2019:20210513171217j:plain

娘から届いた母の日のアレンジメント

また、今回の緊急事態宣言延長では、人流の抑制をうたいながら一方で、劇場やスポーツなどで観客を入れての観劇観戦は午後9時まで、デパートなどの大型商業施設は午後8時までの時短要請とした。

確かに、これまでのところ劇場やスポーツ会場などでのコロナ感染は発生していないようだが、こうしたブレーキとアクセルの使い分けが、人々の気のゆるみを生じさせている。

この気のゆるみの連鎖が緊急事態宣言を発出しても感染が収まらない大きな原因ではないのか。

 

特に変異株の出現は、外出はしていない、家族以外には会っていないというまったく感染源が不明というケースで感染が確認されているといい、観劇、観戦、大型商業施設などへの営業時間を緩和するエビデンスはないのではないか。

 

世界のコロナ対応をみても、結局、ワクチンが普及するまでは、徹底した検査と人流の抑制やロックダウンなどによりコロナを克服しつつあるのだ。

こうしたことを見ても緊急事態宣言のさなかに、対応措置を緩和する方向に舵を切るという菅総理の考え方に、この人の限界を感じてしまうのは私だけなのか。

 

f:id:inoko2019:20210513171544j:plain

ショウキウツギ

すでに新型コロナ変異株は地方に急速に拡大している。

各県の知事たちはこの状況に緊急事態宣言やまん延防止等重点地域の指定を要請しているが、政権の判断は日々遅れて、先送りされている。

これでは、それこそ後手後手の菅政権といわれても仕方ないだろう。

 

菅総理は「人類が新型コロナに打ち勝った証としての東京オリンピックを実現する。」と宣言したことも含めて、今現在の日本の現状をしっかりと国民に説明すべきだ。

 

菅総理の常套句、

「問題ない」

「指摘はまったく当たらない」

「答弁することは控えるべきだろう」

「批判は全く当たらない」

等々念仏のような言葉の繰り返しでは、もう限界だ。

 

ランキングに参加しています。気に入って頂けましたら

↓をクリックして応援してください。


全般ランキング

 

パソコンが壊れました。てんやわんやの、3週間のパソコン騒動日誌

 

f:id:inoko2019:20210506183219j:plain

初夏の花 アリウム?




4月16日金曜日 突然、東芝ダイナブックが動かなくなった。
パソコンを起動して画面が現れるまで、新聞切り抜きの記事などを読みながら無造作にキーボードの上に置いていたが、そのことが原因なのだろうか。
カミさんには内緒にして、動かなくなったことのみを報告する。
あれこれ触っていたら復元の表示が出たので、その通りに進めてみた。
でも、最終的には動かなかった。

 

f:id:inoko2019:20210506184202j:plain
f:id:inoko2019:20210506184141j:plain
f:id:inoko2019:20210506184113j:plain
色々試みてみたが、、、


4月17日土曜日 メーカーの安心サポートセンターに電話。
故障の状況を担当の女性に伝えると、昨日の復元システムを使って電話で指示があったが、結局復元できず、修理等について検討することになった。明日回収に来るとのことだった。

4月23日金曜日 安心サポートセンターから電話あり。
パソコン故障の原因はハードディスクが壊れたことによるということだった。
このパソコンのパーツの交換期間は2020年4月で終了しているが、まだ残っているハードデイスクがあり交換は可能とのことだった。

ハードデイスクに残っているデータの取り出しと交換は9万円程度かかる。
データの取り出しだけなら3万円~4万円ということだった。
ただし、ハードディスクが新品になっても他のパーツの故障が発生したら、すでに部品交換ができなくなっているので、リスクはあるとのことだった。
少し検討したいと伝えておいた。


4月26日日曜日 家電量販店でパソコンを見る。
今は、日本のパソコンはほとんど台湾資本で製造されていることを知る。
東芝,NEC,シャープなどがそうだ。
富士通も国産とはいえ、製造は国外生産なのだそうだ。
さて何を買おうか。
なかなか決まらない。


4月27日火曜日 安心サポートセンターから電話あり。
パソコンのハードディスクからのデータの取り出しは36608円とのことだった。
ハードディスクの交換はやめて、データの取り出しだけをお願いする。

息子から格安パソコンの購入の打診があった。
今、競馬や株で使っているソニーエクスペリアタブレットは、バッテリーの寿命が全くないといってもいい状態で、常時、コンセントにつないでいても、電源が落ちることがありほとんど使い物にならなくなっているので、中古パソコンに買い替えるのもいいかなと思った。
1万円から2万円であるというので、息子に任せる。


4月29日木曜日 夕方、楽天からパソコン届いた。
NEC製2011年ころの製品のようだ。
早速使ってみるも、説明書もなく、手探りなのでなかなか進まない。インターネット閲覧ソフトはエッジが入っているようで、以前のパソコンと勝手が違う。

 

f:id:inoko2019:20210506185617j:plain

戻ってきたダイナブック



4月30日金曜日 安心サポートセンターからパソコンが戻ってきた。
データは外付けハードディスクに入っていた。


5月2日日曜日 安心サポートセンターから送られてきたハードディスクを格安パソコンに取り付けて、データを移行する作業をしようとしたが、ほとんど動かないので途方に暮れる。

5月3日月曜日 ほとんど一日中、外付けハードディスクから中古パソコンへデータ移行を試みたが、ハードディスクのデータの中のどこにあるのか探しあぐねた。
ようやく見つけたが、探していたデータが見つからない。

かみさんが、この中古パソコンには、マイクロソフトオフィスが入っていないからではないかと、自分のvaioパソコンにハードディスクをつなげて調べてくれることになった。
(後日、コンポされた箱の中から詳細な作業報告書が出てきたので、私のミスではあった。ただ、この時点では、まだ、目指すデータを開くことはできなかった)

5月4日火曜日 カミさんが自慢のVaioパソコンにつなげてデータ移行をしてくれた。
最初に膨大な写真データが出てきた。
それからメモ帳など次々とみつかり、トータルで10時間くらいかかった。
夕方には何とか目途がついて、一安心した。

5月5日水曜日 カミさんのパソコンにUSBをつないで、必要なデータを移行し、移行したUSBを中古パソコンにつなげた。とうとう、壊れたパソコンから取り出したデータを使えることになってとりあえず完了した。

f:id:inoko2019:20210506184315j:plain

とりあえず快調、NECのパソコン



(様々な疑問)
 ①故障の原因は、起動中のパソコンのキーボードの上に1ページ程度の新聞紙を置いたからか。
 ②壊れたパソコンのデータを取り出した外付けハードディスクのデータを中古パソコンが取り込むことができなかったのはなぜか。
 ③Ⅴaioで取り込むことができたのはなぜか。でも、10時間もの時間がかかるのはなぜか。
 
(よかったこと)
 ①壊れたパソコンはメーカー系列のリサイクルセンターが無料で引き取ってくれたこと。(もちろん、データ取り出し費用の中に含められていたのだろう。)
 ②格安中古パソコン(税込み17800円)は無線ランを自分で設定しなければならなかったが、指示通りに進めていくと接続完了した。
 ③格安パソコン総評=今のところ、データ保存量も少なく、10秒ぐらいで立ち上がるし、サクサクと動く、大変満足している。

これならもう少し上級の中古パソコンを購入するかなと思っている今の心境です。

 

ランキングに参加しています。

↓をクリックして応援してください。 


全般ランキング