牡蠣の昆布焼き

f:id:inoko2019:20200217203622j:plain

白梅が満開

 

今年も岡山県日生(ひなせ)諸島の牡蠣生産者から最終宅急便が届いて我が家の牡蠣の季節が終わった。

 

岡山県の養殖カキの主要な生産地が日生諸島だ。

 

もう20年以上前になる。

カミさんが自動車運転免許を取るために入学した自動車学校で、日生の島から通う牡蠣生産者のおかみさんと知り合った。

それ以来の付き合いとなり、出荷が始まりお正月が来て、そして出荷が終わる時期時期に、牡蠣を送ってくれる。

 

もちろん私も親せきや知人に岡山日生の牡蠣を送った。

私は無類の牡蠣好きで、最初のころは誰かれなく、親しくなった人に「まあ食べみてよ、本場もんは絶対うまいから」と送っていたが、段々、世の中には牡蠣嫌いの人がいることを知った。

 

牡蠣好きの人は、メールや手紙、電話で弾むような喜びを伝えてくるのだが、嫌いな人は慇懃丁重な文面でお礼を書いてよこすのだ。

そういうことかと季節の果物や銘菓などを送ると一転して喜びにあふれた文面になるので気が付いた。

 

でも今では牡蠣を送るときは最初から、「あなたは牡蠣好きですか、嫌いですか」と尋ねることにしている。

これは決して無礼なことではなく相手も大変喜ぶ。

特に旦那の方は「うちのやつが食べんでな、俺は好きなんだが」と料理する奥さんに気を使っている。

 

というような経緯を説明したけれど、「牡蠣の昆布焼き」のことを忘れていた。

 

f:id:inoko2019:20200217201555j:plain

 

もう5~6年前のことになるだろうか。研修出張で上京した。

研修は前日の講義と演習、翌日の午前中はグループごとの発表と講評があり、11時頃には解散となった。

 

終った後久しぶりに上野の国立西洋美術館に行った。

出張が終わった後の都内での自由行動は私の楽しみの一つだ。

出張中の私的な行動などは、厳密に言えば、本来はNGだろうが、我々の時代は当然のように役得だった。

 

しかし、先ごろから問題になっている国の泉首相補佐官と大坪審議官の逢引き出張ほどにえげつない話ではないのではないかというのは,私のエゴだろうか。

 

美術館などというけれども、私には絵画の素養など全くない。

ただ美術館に入る瞬間の緊張感や期待感など、荘重なワクワクする雰囲気が好きなのだ。

絵画というものはわからなくても、真剣に見ようとするからか、美術館を一巡した後、どっと疲れが出る。

 

西洋美術館を出てアメ横をぶらついて、上野の藪そばに入った。

もう午後1時をだいぶ回っていた。

客は私より少し年長の年寄り3人が、昼間から酒を酌み交わしていた。

 

私は昨夜の深酒で食欲がなく、ざるそばを注文して待っていた。

3人の年寄りは昔の職場の仲間のようだった。

話しっぷりから仲の良い関係が分かった。

 

私より先に「はい昆布焼き」と注文していた品が出てきた。

「これこれ」と指差しながら「これがうめんだよな」と三人組ははしゃいでいた。

昆布焼きが藪のメニューにあったことに驚いた。

 

昆布焼きなら私も大好きな、牡蠣のメニューの一つだ。

牡蠣は大根おろしでよく洗う。

カミさんの話では大根おろしで洗うと、洗い水が黒くなるのだそうだが、私自身は見たことがない。


昆布焼きには、すき焼き鍋を利用している。

すき焼き鍋に幅広の利尻昆布を敷き詰め、その上に牡蠣を並べ酒を振る。

醤油や塩などの調味料は一切入れない。

酒を吸って昆布が柔らかくなったころを見計らって、蓋をして火にかける。

牡蠣がぷくっと膨らんできたら食べごろ。

 

f:id:inoko2019:20200217201621j:plain

自家製のゆずポン酢と大根おろし一味唐辛子などでいただく。

 

実にシンプルだ。しかしこの上なく贅沢な食べ方だ。

 


 

藪のお客さんは食べ終わった後、店員に「面倒かけるけどこの昆布をねえ、少し小さく切ってくんない」と注文した。「この人はよく昆布焼きを食べているんだ」とうれしくなった。

f:id:inoko2019:20200217201703j:plain


 

実は私もこの昆布を佃煮にして、一杯呑むのが大好きなんだ。

牡蠣のうまみを吸って、実にうまい佃煮になるのだ。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。 


全般ランキング

快挙 確定申告終了

f:id:inoko2019:20200215170613j:plain    夏越しに成功したシクラメンが、咲き始めた。これも快挙?

          
例年ギリギリになってしまう確定申告だが、今年は早々と申告書を記入し終えた。

 

在職中は、比較的仕事が暇なこの時期に旅行することが、よくあった。

また、思わぬ取り込みでゴタゴタすることもあった。

 

今年は特に何もなく、時間に余裕があったことが大きい。

f:id:inoko2019:20200215170828j:plain


 

申告書は国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用してパソコンで記入するが、これがスグレモノで、できの悪い中学生を手取り足取り指導するように親切にできている。

 

暇を見つけて、資料をたくさん抱えて税務署に赴き、順番を待って税理士(?)の先生の指導を仰いでいた頃とは大きな違いだ。

 

そして、この作成コーナー自体が年々進化を続けていて、記入しやすくなっている。

正直、最初の頃はパソコンの知識も乏しい私には四苦八苦だった。

保存するのを忘れて、せっかく苦労して作成したのに一からやり直しということも何度か経験した。

 

一方、失敗を重ねながら記入することが、パソコンの勉強にもなった。

 

マイナンバーを記入するようになったからだろうか、添付書類が少なくなって来たことも煩雑さを軽減している。

 

マイナンバーがあれば、ごまかしようがないということなのだろう。

 

 

医療費控除を受けるための医療費の領収書を添付しなくて良くなったのは、一昨年からだったろうか。

医療費の明細もかつては自分表を作っていたが、簡単に明細書を記入できるフォーマットもダウンロードできる。

そしてこの明細書自体も、治療内容をいちいち記入する必要がなくなったりと、納税者としてはありがたい限りだ。

 

多分今年からだと思うのだが、入力途中に、還付金額あるいは納税金額が示されるようになったのも特筆すべき進化だと思う。

 

源泉徴収票を見ながら途中まで入力して、ふと見ると、あなたの納税額は○○円です、と示されたのには、ドキッとした。

そんなはずではない、還付してもらうために申告書を作成しているのだと思ったが、配偶者控除、医療費控除、社会保険料控除、と進めていくうちに、還付金が示されるようになり、ほっとした。

 

年金が主な収入となり、大して源泉徴収されているわけではないのだから、還付を受けようというのも図々しい話ではある。

 

f:id:inoko2019:20200215170916j:plain


 

かくして無事書き終えた申告書は、名前をつけて保存しておけば来年の申告書作成の際に、有意義に利用することができる。

一年経つと保存した場所も忘れてしまいそうだが、そうならないように気をつけることも学んだ。

 

あとは、印刷して提出するだけだ。

今日ポストに入れれば、明日は税務署に届くだろう。

17日の受付初日に提出という、私にしては快挙を成し遂げることになる。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。 


全般ランキング

閣議決定は黄門様の印籠か

f:id:inoko2019:20200214062316j:plain

      路傍に咲くイオノプシジウム(ヒメムラサキハナナ)


最近閣議決定という言葉がやたらと使われているような気がしてならない。

 

閣議決定について調べてみると

 

「政府の意思決定をするための会議を閣議という。首相及びすべての閣僚の意思決定手段の中で最も位置づけが高いのが閣議決定である。」とあった。

 

コメンテターの川村晃司氏が

「安倍政権の閣議決定の数は歴代の政権に比べても明らかに多い。

乱発気味と言ってもいいほどです。

粗製乱造のきっかけになったのは平成25年7月1日(集団的自衛権憲法9条の下で容認される自衛の措置)の閣議決定でしょう。」

と書いていた。

 

実際に首相官邸ホームページを見ると分かる。

 

官邸ホームページには平成24年からこれまでの閣議決定が公開されていた。

ただ、ここにすべての閣議決定が載せられているのかどうかはわからない。

何しろ今を時めく内閣府の情報提供だからどういう基準で公開されているのか、分からないからだ。

 

ただ、安倍内閣平成24年12月26日に発足しており、平成24年のほとんどの閣議決定は前内閣の民主党野田政権当時のものだから、その資料と同一に並べての安倍内閣の年間閣議決定の数は普通は同じ物差しで公表されていると考えて差支えないだろう。

 

ということで、平成24年から閣議決定数を素直に数えて見た。

 

平成24年1月~12月(野田内閣)17件、3件(安倍内閣

25年(第2次安倍内閣)44件

26年44件

27年41件

28年57件

29年48件

30年66件

令和元年56件だった。

 

こうしてみると確かに平成24年と平成25年以降では倍増どころか3倍増を超えるほど閣議決定が増えていることがわかった。

 

そもそも閣議とは前述したように「政府の意思を決定するための全閣僚の参加による会議」であり、その政権の基本的、絶対的にゆるぎない方針への全閣僚の統一した意思決定である。

 

その意味で平成17年8月小泉首相当時、郵政解散閣議決定に従わなかった島村宣伸農相を罷免したケースや普天間基地移転の対応を巡り、平成22年5月、当時の鳩山由紀夫首相が福島瑞穂行革相を罷免したケースなどは内閣方針に従わない閣僚を罷免して内閣の方針を貫くという意味で大変分かりやすい閣議決定だと思った。

 

こうしてみるとつい10年程前には緊張感のある毅然としたやり取りがあったのだ。

然るに安倍政権の閣議決定には内閣の政策遂行のための最高の意思決定とはとても言えない、取るにたらない閣議決定が乱発されているのだ。

 

例えば、「首相はポツダム宣言を読んでいる」(h27.6)という閣議決定共産党の志位委員長に「ポツダム宣言を読んでいるか」と問われ、安倍首相は正直に「つまびらかには読んでいない」と答弁した。

憲法改正論者がポツダム宣言を読まずしてという批判もあろうが、読んでいないものは読んでいないと答えたのだろう。

そして得意の修飾語を付けて「つまびらかには読んでいない」と答えたことは私はそれはそれで評価するのだけれど、後からこれではまずいとアドバイスしたものがいたのだろう。

ポツダム宣言は読んでいる」という閣議決定をしたという。

 

まるで茶番だ。

 

また同様に島尻沖縄北方担当大臣が歯舞を読めなかったことに対して「島尻沖縄北方担当大臣は歯舞の読み方を知っていた」(h27.2)と後から閣議決定をしたのだという。

開いた口が塞がらないというのはこのことだ。

 

森友学園の国有地払い下げ」問題の時もわざわざ「政治家からの不当な働きかけはなかった」(h30.3)などと証拠も挙げずに閣議決定をしたし、同じように「首相夫人は私人である」(h30.3)と閣議決定して,今回の「桜を見る会」の問題では「私人」が招待客を推薦するのかと私物化問題にかけて追及されているのだ。

 

昨年9月の小泉進次郎環境大臣の国連気候行動サミットでのセクシー発言も、閣議決定という内閣の最高の意思決定が必要なのか、いささか疑問に感じてしまう。

 

こうしたことが枚挙にいとまがなく続く安倍内閣にお願いしたい。

 

閣議決定」という黄門様の印籠を持ち出して権威付けを行うことで、煙に巻いたり、有耶無耶にさせたりするのではなく、誠実でシンプル、誰にでもわかる説明をしてもらいたいものだ。

 

特に国家の大事については、当然、内閣だけで決定して良しとすることは許されないだろう。

国会に諮り正々堂々と論議し決定するべきだと考えるのは私だけではないだろう。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。 


全般ランキング

 

離婚調停 養育費のことから考えたこと

f:id:inoko2019:20200210173919j:plain


最近しばしば新聞紙上で養育費の記事が目に留まるようになった。

一つは約束した養育費の不払いに対する先進自治体の取り組み、もう一つは養育費の算定基準の見直しのニュースだ。

 

実は私は数年前まで家庭裁判所の家事調停委員をしていた。

家事調停では主に離婚や遺産分割調停が対象となる。

 

離婚時に決めることは多い。

  ・離婚の意思

  ・親権

     ・財産分与、慰謝料

     ・養育費

     ・子との面会交流

  ・離婚までの婚姻費用分担などがある。

従って、養育費の記事が気になったのだ。

 

一つ目の養育費の不払いについて、兵庫県明石市の取り組みは画期的だ。

理由なく不払いを続ける人の中で、より悪質なケースには反則金に当たる行政罰の過料を科すという。

 

f:id:inoko2019:20200210174004j:plain

同時に養育費を受け取れずにいる一人親家庭に「養育支援金」の形で同額を給付するそうだ。

そして、不払い額を市が実質的に取り立てを担う形にすると記事にあった。

 

厚生労働省の2016年度調査では母子世帯で養育費を受けているのは24.3%、受けたことがないが56%と全く逃げ得状態になっており、この問題に一地方自治体が声をあげたことに私は本当に驚いた。

 

もう一つは昨年12月23日に国は養育費の新基準を定め公表したことだ。

新基準に基づく受取額は、月1万~2万円増えるケースが多くなるとあった。

f:id:inoko2019:20200210174104j:plain


とりあえず、子を養育する一人親の養育費が増えることは結構なことだが、しかし、考えてみればこれまでの低い基準で養育費の不払いが続出している中で、基準だけ引き上げてもほとんどのケースに実質的な恩恵は少ないような気する。

 

調停委員をしていた時に、年収の多い支払い義務者は別にして、多くの若い支払い義務者は手取り20万円ほどの給料で家賃を支払い、車などの月賦、必要経費を支払ったら食べるだけしか残らないと算定基準に不満を漏らした。

 

自分の子の生活費を負担するのは親の務め、真っ先に果たさなければならない責任ですからねと話しをしたが、確かに実際に生活するとなるとこれでは大変だろうなと思ったものだ。

不届き者も大勢いるのだろうが、低所得者のこういうケースの不払いも多いにちがいないとも思う。

 

従って、ある一定額以下の所得しかない場合は、国は公費補助も検討すべきではないかとここだけの話考えるのだが、それはそれで親の責任を放擲してしまう輩が増えるという批判もあるだろう。

 

ただ、いずれにしても子供は国の宝、特に少子化が進行する中で、貧困からできるだけ分けへだてなく、みんなで子供を守り育てる仕組みを作っていかなければならないのではないだろうか。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。


全般ランキング

 

 

お好み焼き我が家風 三種の神器

f:id:inoko2019:20200208185155j:plain

             ウォーキングの途中に咲いていた紅梅


私は広島出身だが、お好み焼きはタネの上に具材を重ねて焼く広島風ではない。

 

タネと具材を全部混ぜて焼く、大阪風を愛好している。

 

先日も、夕食に我が家風お好み焼きを食した。

 

夕食にお好み焼き?お好み焼きって昼食に食べるものなのでは?と思われる方があるかもしれないが、お好み焼きと一緒にいっぱいやりたい私は、夕食によくお好み焼きを食べる。

 

大阪風と書いたが、大阪風そのものではない。

大阪風を基本に、いろいろアレンジを加えた我が家風を愛好している。

もう随分前になるが、雑誌に掲載されたものを参考にしている。

 

なかなか評判もいいので紹介したい。

 

f:id:inoko2019:20200208185311j:plain


 

一番の特徴は、タネにカレールーを加えること。

市販のカレールーに水を加えて電子レンジで柔らかくし、タネに加える。

これでグッと味が良くなる。

 

タネの材料となる小麦粉には、ベーキングパウダーを加えてふるっておく。

これでタネがふんわりする。

 

学生時代、タネがふんわりして美味しいお好み焼き屋があった。

「ここのお好み焼きはどうしてこんなにふんわりして美味しんかなあ」と友人が尋ねたところ、店の女将さんが「秘伝があるのよ、うちだけの秘伝。絶対に教えられない」

ともったいぶって教えてくれなかった。

今思えば、ベーキングパウダーが入っていたのではないだろうか。

ホットケーキを作るときに入れるふくらし粉のようなものらしい。

 

最後の決め手はラード。

これも、おいしいと評判のお好み焼き屋で学んだ。

「ラード使ってくださいね、たっぷり使ってくださいね。」と店員がしつこいほどに繰り返したのが印象的だったが、これを真似てホットプレートにラードをひいて焼くと、こんがりして誠に香ばしい焼き上がりになり、香りもアップする。

 

とんかつ屋のとんかつはラードを使って揚げていると聞いたことがある。

とんかつを揚げるのにラードは、家庭ではちょっと無理かと思うが、お好み焼きにラードは簡単に取り入れられる。

 

f:id:inoko2019:20200208185400j:plain


 

具材は定番の豚肉、キャベツ、ネギ、卵などだが、豚肉は大きいままではなく細かく切っておく。

すりおろした山芋も入れる。

これらを全部よく混ぜる。

ここまではかみさんの役目。

ホットプレートで焼く場面になって私の登場だ。

 

ホットプレートの温度は200度。

つい高温で焼きたくなるし、叩いたり返したりしたくなるが、タネを流したらあまりいじりまわさず。じっくり焼けるのを待つ。

ひっくり返すのは一度だけ。

 

ベーキングパウダー、カレールウ、ラードが我が家のお好み焼きの三種の神器なのだ。

 

f:id:inoko2019:20200208185431j:plain


 

焼き上がったら定番のお多福ソースで。

ビールが進むこと請け合い。

 

ただし、カレールーもラードも高カロリー。

食べすぎると翌日は体重が増えること請け合い。

用心しながら食べてください。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。 


全般ランキング

地球号は何処へ行く

f:id:inoko2019:20200206215730j:plain

        馬酔木(あせびの花芽も膨らんできた)


暖冬だという。

確かに今年は今まで暖か過ぎた。

この2,3日は少し冷えて来て、今日は今冬初めて当地でも氷が張った。テレビで気象予報士はこれから少し寒い日が続くと言っていたが、立春を過ぎたから、三寒四温で春に向かって行くのだろう。

 

春に向かって国会でもいよいよ「桜を見る会」の茶番の真相が明らかになる日が来るのだろうかと期待してしまう。

 

こうした異常ともいえる温暖化を体験しながら、「桜を見る会」とは別の危機意識を持ったのは私だけではないだろう。

地球や人類の破局を予感させる最近の事例を考えてみた。

 

一つはオーストラリアの森林火災だ。

昨年8月ごろ発生していまだに燃え続けている。

日本の国土の半分を焼き尽くしているというから想像を絶する。

これまでに30人以上が焼死し、3000棟以上の住宅が焼失、10億匹の哺乳類、鳥類、爬虫類の生命が失われたという。

 

日本からも自衛隊の輸送機2機が1月15日救援物資の輸送支援のために出発した。

でも、一方でテニスの豪州オープンは予定通り開催されており、地元の危機意識はあまりないのかしらとも思う。

広大な国土を持つオーストラリア人の意識はやはり日本人とは違うのかなと、これはこれでちょっと心配になった。

 

気になった自然現象の二つ目は地球温暖化が進み、北極圏の氷は2030年には消失してしまうという記事だった。

北極の氷が解ければ太陽光が反射されなくなり、吸収される熱の量が増えることで、温暖化を制御できなくなる「転換点」を超えるのだという。

こうなると人類の英知など何ほどの力にもならないだろうと素人でも推測はできる。

 

三つ目は地球温暖化とは直接関係はないのだろうが、最近の日本周辺の地震の多発だ。

震度5以上の地震の回数を年代別に見ると

 

1970年代16回、

80年代20回、

90年代45回、

2000年代129回、

2010年代147回と2000年代以降突出している。

 

南海トラフ(東海、東南海、南海地震震源域)での30年以内発生確率は2018年1月1日時点70~80%、首都直下地震の発生確率は「今後30年で70%」と言われている。

こうした確率を突き付けられてもあまり大騒ぎにはなっていない。

多くの日本人が東京、大阪、名古屋という大都市に集中して住み続けている。

この楽観主義はどこから来るのだろうか。

 

確かに今さらじたばたしてもどうなるものでもないと達観してしまうしかないのかも知れない。

 

ただ、今回の新型コロナウイルス発生の右往左往ぶりを見るとそれほど達観しているわけでもないようだ。 

新型コロナウイルスの場合、毎日のニュースを見ながら手を洗い、うがいをして、マスクをするという身近な防衛をすることから恐怖の現実が見えてくるのだろう。

そうした意味では、直前に迫る危機と漠然とした近未来の危機の受け止め方に違いが出るのは仕方がないことだとも思う。

 

 しかし世界の指導者は豊かな想像力と鋭い発想力を持ってもらわなければ困る。

相変わらず、国家と民族と宗教などの対立に終始する中で、世界中、四方八方から発生する各種の天災、人災に対応する能力が人類にあるのかと世界の指導者の顔を思い出しながら疑ってしまう。

今こそ小異を捨てて大同につくの諺のように人類は、地球号を守ることで一丸とならなければ破局に向かうしかないだろうと老い先短い老人は眺めているしかない。

 

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。


全般ランキング

 

最近お墓事情

f:id:inoko2019:20200203171518j:plain


70歳を過ぎて、クラス会に集うとたいていお墓の話になる。

出席者は20人程度だがその内数人は墓じまいの経験を語る。

私も江戸時代から続く田舎の株内の大きな墓地に残った、カミさんのところの墓所の整理(墓じまい)に立ち会った。

 

この大きな墓地の所有者の名義はカミさんになっているそうだ。

しかし、田舎の先祖伝来の墓地など財産価値は全くない。

逆に墓じまいともなると、江戸時代からの墓石が数十あって、それを寄せてお性根抜きをする、工事費や供養料などたいそうかかった。

 

そしてせめて父母と祖父母の遺骨は身近なところでお参りしたいと、近くにできた永代供養墓にお願いした。

 

先日、一周忌の義妹の納骨式があった。

 

 

義妹には娘が二人いたが、一人は病身で動けず、未婚の次女が二人の伯母に支えられながら小さな葬儀をすませ、葬儀社に紹介されて母の墓所を永代供養墓にすると決めた。

納骨式の当日も次女は健気に祭主を務めた。

参加者は我々夫婦と妹夫婦を合わせて5人だった。

 

墓地は急な坂を登った山の中腹にあり、葬儀社2人と墓地の管理人計3人で待っていてくれた。

一般の墓地の奥まったあたりに「絆」と金文字で書かれた大きな永代墓があり、裏側に扉があり納骨堂の中には棚に沢山の骨壺が置かれていた。

3年たったら、地下の土の上に共同埋葬するのだそうだ。

墓所にはお墓の代わりに名前、年齢と死亡した日と戒名を記した銘板が並んでいた。春には桜が見事に咲きますと葬儀屋と墓地の管理人が説明してくれた。

 

墓石の花立には葬儀屋が用意したお花が活けてあった。

もちろん納骨費用の中に入っていたのだが、我々も用意していた。

墓石は見事なお花で飾られた。

 

毎月1回お坊さんが読経をあげてくれるという。

なかなか行き届いた配慮に感心した。

 

カミさんの祖父母と両親をお願いした永代供養墓にはこのような配慮はない。

墓地の経営者の方針でだいぶ違う。

私のところは元々仏具販売店が開発した墓地で、見た目にきれいな墓地公園のような管理が主体となっているが、今日の墓地は墓地に入る人の気持ちや参る側の人の気持ちを大切に考えて様々な工夫をしているように見受けられて大変好感を持った。

 

そういえばNHK年末スペシャルで放映された「樹木葬 桜の下のあなたに」を思い出した。

桜の木とその下に咲き乱れる草花の中に散骨する永代供養墓地にお参りする人たちの話だった。

散骨の場所は決まっているわけではなく、樹木葬墓所区域の気に入った場所に散骨するようだった。

従って墓石はない。

大きな記銘石に散骨者の氏名が記されていた。

参拝者が「あの辺だったかしら」と話すのが新鮮だった。

 

一年中お花に囲まれて、大勢の人たちにお参りされてにぎやかでいいなあとカミさんと話した。

 

人口減少、少子化が進んでいく時代、お墓を守ることはたやすいことではない。

新しいいろんなお墓の有り様を勉強して、自分らしい死後を描くのがいいのではないかと思った。

 

 ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、

↓をクリックして応援してください。


全般ランキング